スポンサーサイト

  • 2015.12.31 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    HiLiNE WiNTER FES 2015を終えてー今年1年の感謝をこめて

    • 2015.12.31 Thursday
    • 23:00
    HiLiNE2015_JUNK
    みなさまこんばんは。
    12/23から早くも1週間経ちましたが、いかがお過ごしでしょうか。

    2015.12.23
    「HiLiNE WiNTER FES 2015 」
    今年で4回目の音楽とアートの複合フェス。
    皆様のご声援、ご協力で無事に開催、終演することができました。

    音楽・アートのアーティストのみなさま
    お客さま、ご協力、ご声援いただきました全てのみなさまに改めて御礼申し上げます。
    誠にありがとうございました。

    HiLiNE2015_art_night

    今年の冬フェスでひとつ、私たちは大きな試みをしました。
    夜の時間帯の「手づくりアート物販会」の開催です。

    きっかけは、私自身が仕事などでことごとく、
    アートの物販会にいけなかったこと。
    「なんでどこも物販会って夜にしないの!!」
    ってスタッフに言ったのが始まりでした。

    ないから、諦めるのか、
    【ないなら、作るのか】
    私たちはずっと後者を選び、歩んできました。

    新しい事をするときは、もちろん苦難の連続です。
    でも、いつも応援してくださる皆様がいて、
    はいらいん頑張ってるなーって、
    ふとした瞬間に思ってくださる方がいるからできたのだと思います。

    でも本当に成功してよかった。
    満員のお客様の写真がながれてきたとき、
    声にだして「おおお!!!!」って言いました。



    今年は、例年にも増して、当日以降Twitterやメール、直接のお声がけなど、
    驚くほどのメッセージをいただきました。
    アーティスト様のブログやTwitterに本当に多く取り上げていただきました。

    驚きすぎて、Twitter係がそれをみて固まりました。
    どこからリツイートしよう。どこからお返事しよう。
    みんなで、ひとつひとつ丁寧に読みました。
    そして、涙しました。


    個人的には今年の冬フェスは、とても多くのお客様の様子をみることができ、
    お話しすることができました。本番はもちろん、ライブ前後のアーティストや、
    出店前後の作家さんとお話することができました。

    これは、私の心に大きな衝撃を与えました。
    お客様が生ライブを見たり、作家さまが直接話す機会を作ってきた私自身なのに、
    実は、私自身にそれが不足していたんだなあと思いました。

    IKINARI1_10

    そして、はいらいんとして、もう一つ特筆すべきは、
    冬フェス以外にも大きな挑戦をしたことです。
    5月にFoZZtone 渡會将士さんを迎え、ワンマンライブを開催しました。

    SENDAI KOFFEEさんで立ち見含め80人ソールドアウト。
    関西・関東はじめ、九州など、県外からも多くのお客様が駆けつけてくださいました。

    私は県外のお客様がきてくださるたびに、嬉しくなることがあります。
    それは仙台弁である「はいらいん」を県外のお客様が口にしてくださることです。
    仙台について調べ、仙台を観光し、仙台でご飯を食べ、仙台の写真を撮り、
    仙台の思い出をまた、それぞれの土地でしてくださることです。

    私が仙台にきてはや16年。大阪出身である私もすっかり関西弁が抜け、
    ふとした瞬間にでるのが仙台弁になりました。この街が大好きなんです。

    光のページェント_2015

    初めて杜の都仙台に降り立ったとき、なんて綺麗な街なのだろうと思いました。
    ライブハウスがこの街の中にこんなにたくさん埋まっていることに気づくのに、
    なんと10年かかりました。そして、早く知りたかったと思いました。
    そして、この感動を伝えたいと思いました。

    光のページェント_2015

    はいらいんは、私のワンマン運営ではなくて、むしろスタッフが作っています。
    今年は運営スタッフ9人+サポート1人+冬からですが、
    初めて高校1年生のルーキー1人を迎え、11人で作りました。

    ここではあまり詳しくは書きませんが、私はちょっとややこしい身体的な持病があるので、
    しょっちゅう寝込みます。長時間の外回りができない、それも冬に悪化する厄介なものです。
    これは、ある意味、冬フェスをする上でも、人脈作りをするべき立場として考えても、
    大きなハンデがあるのかもしれません。

    でも、今年も仲間が支えてくれました。
    追加募集したメンバーも秋にはすっかり家族になりました。また、家族が増えました。
    2012年からのメンバーを数えてみたら、学校1クラスを超えていました。
    OB&OGも困ったときに、そっと手を差し伸べてくれました。
    いつも、気にかけていてくれました。

    そして、スタッフは、いつでも、お客様のことを第一に考えていました。
    昨日まで、見る側だった人間達が作っているので、間違い、挫折の連続ですが、
    誰かがいつも誰かを支えていました。

    「初心者だった頃の自分たちにとって、必要だった人になろう」
    そんな思いがいつも胸にありました。

    12/23を無事に迎えられたのは、このスタッフたちを、私以上にかわいがり、
    応援してくださり、協力してくださった皆様、お越しいただくお客様、アーティストさま、
    関係者さまのご協力あってこそに他なりません。

    心より御礼申し上げます。
    今年も大変お世話になりました。
    誠にありがとうございました。

    皆様どうぞ良いお年をお過ごしくださいませ。

    また、来年どこかのライブハウスや、アート会場、
    仙台の街中でふらりとお会いしましょう!
    私たちはいつでもここにいますので!
    仙台に、ライブハウスに、アート会場にはいらいん♪

    staff2015

    ーーー
    【私信】

    とあることで、はいらいんスタッフにとうとう泣かされました。滅多に泣かないのに!
    今年は、素晴らしいスタッフ達に賞賛のメッセージを送って終わりたいと思います。
    (私信ですので、本人以外わからない部分もあることをご容赦ください)

    アルさんへ
    アルさんからサプライズしかけられるとは。
    今年、忙しいのに戻ってきてくれてありがとうね。
    近い世代がいると、それだけで支えになるなと改めて思いました。
    それにしても、全然性格は似てないと思うのに、発言がだだがぶりするのは、
    なんでなんだろうね。歳のせいかね…。そして、改めておめでとう。

    あやぽよ
    1日16H働きながら、はいらいんしたい、置いてくださいっていい出す
    人間がいることは、私は本当に想像してなかったです。
    でも、セカイイチが来てくれて本当に良かったね。
    あなたの新たな人生のスタートに関われてよかった。楽しんで。
    そして、困ったらいつでも、私でも仲間でも頼るんだよ。
    女の子はちょっと弱いくらいがちょうどいいんだから。

    かなちゃん
    関西に住んでいながら、はいらいんを愛してくれて、はいらいんに入りたいって
    言ってきてくれたときも驚いたけれど、本番はこれなそうって思いながらも、
    1から公式サイトを全部スマホに対応できるように作り直したこと、
    そのパワー、モチベーションを保つ力、距離感を感じさせないコミュ力、凄いよ。
    あなたが居なかったら今年はできなかった。必ず会いにいくからね。

    しらっち
    音楽アーティストさんを名前、顔、特徴まで一発で覚えてしまうその記憶力、
    そして音楽への愛情、尊敬しかないです。今年のしらっちは、自分で思っているよりは、
    着実に強くなってますよ。さあ、来年は学生生活ラスト1年。どう変化をとげるのか、
    楽しみにしてますよ!人の心配ばっかりしないで、自分も大切に。
    毎年、アーティストやお客様やスタッフを心配しすぎて、ストレスで声がでなくなっても、
    頑張り続けているけれど、来年は、体調管理どっちがうまくいくか競争だね。負けないよ!

    そねくん
    本当にそねくんは大きな成長をしたよね。
    まさかのサイクリングにいってしまった最初のフライヤーの時から比べても、
    第二弾のフライヤーとポスターは、みんなからの意見を汲み取って作れるようになったしね。
    今年は、一番どこでフライヤーがもらえますかっていうお問い合わせが多かったなあ。
    そねくんのセンスは、私好きですよー!あと何気に動画のセンスも好きだよ。

    なおちゃんへ
    素敵なレディーがはいってきたなあっていうのが第一印象でした。みんなが凹みそうなときでも、
    会議で明るく声をかけて、和ませてくれてたよね。新規の協賛店舗さんがどんどん決まったのは、
    なおちゃんとミッキーのコンビのおかげで、仕事忙しい中引っ張ってくれてありがとね。
    なおちゃんのもつ空気感って穏やかでいいよね。癒しだよね。

    みずきちゃんへ
    高校1年生と一緒にはいらいんをする日がくるとは、本当に予想していなかったけれど、
    でも一緒にできてよかったよ。あの大量のフライヤーをまいたって連絡がきたときは、
    本当にびっくりしたよ!やる気があれば歳って関係ないっていうのを本当に教えてもらいました。
    アートの素敵なセンスはみせてもらったから、今度は音楽もみせてねー。
    ママにもよろしくね。当日お会いできましたよ!

    ミッキーへ
    はいらいん史上で一番真面目で真摯なひたむきな人だったように思います。
    最初は、2の足を踏んでいた協賛店舗さん探しも、最後にはプロフェッショナルになってたね。
    君なら、どこに行っても大丈夫だ。悩んだらいつでもまた、相談しておいでね。
    そして、お手紙ありがとう。将来落ち着いたら、悩んだ日々を肴に飲みに行こう。

    もかへ
    アート作家さんのことをいつも第一に考える姿勢。社会人1年目、アート班長2年目、
    いろいろと大変なことがありつつも、折れず、曲げず、一貫していて、素晴らしかったです。
    心がめげそうになっても、ちょっと時間かかってでも、自分で戻ってこれるようになった。
    出会いも大きかった年だったね。そして、やっぱり12月のもかは凄い。いつも助けてくれてありがとう。

    りこちゃん
    りこちゃんはとても10代とは思えないほどにしっかりとしていて、
    私にないものばかりをもっていて羨ましい限りです。無理してるんじゃないかなって
    逆に心配になるほどだったよ。どんなときも、ニコニコ、周りを気遣っていたね。
    もかをいつも信じてついていってくれてありがとう。
    アート班は、あなたが入って大きな一歩をまた踏み出しましたよ。

    みんなに会えてよかった!!!!

    HiLiNE WiNTER FES 2015開催にあたって

    • 2015.09.01 Tuesday
    • 22:00

    「HiLiNE WiNTER FES 2015」
    2015年12月23日(水/祝)開催決定!


    今年も開催のお知らせができることが、とても嬉しい限りです。応援ありがとうございます。


    ところで、仙台の街中にはライブハウスがいっぱいあるってご存知ですか。アートのイベントがたくさん開かれているって知っていますか。


    例えば、今日があなたのお休みの日だとして、お出かけでもしようかなーと考えたとします。

    どこに行こうかな。

    ちょっと海へドライブ?
    そういえば、見たい映画があったけれど、まだ上映しているかな。
    その帰りに、カフェに寄って...

    このように、
    お出かけプランを考えるとき、
    知っている具体的なお店の名前からではなくて、自分が動ける範囲で、選ぶことってありませんか。

    半日あるから海を見に行こうかな。
    どこがいいかな。

    〜って映画を見に行こう。どこで上映してるかな。

    カフェでのんびりしたいけれど、いいカフェないかしら。

    これはでも、そのカテゴリを知っているから選べるのかなと思うのです。

    海や映画館やカフェを知らない人がいたら、そこへ行こうって発想が浮かばないですよね。


    今、ライブハウスは、どちらかといえば、そちら側の存在になりつつある気がします。

    音源をDLしたり、TVで音楽番組は見るのに、ライブハウスに行ったことがないのは、ライブハウスに興味がないのではなくて、知らない、気づかない、意識していないから、選択肢にない人が多いなって。


    ライブハウスは仙台のアーケード沿いにもいっぱいあるんですよー。



    そして、アートのイベントも、あちらこちらで盛んに開催されています。

    アートって美術館以外にもあるんです。街中のファッションビルの中にも、ショップやカフェの片隅でも。特設会場も多く使われています。
    絵画以外にも、ハンドメイドのものも、映画も、劇も、写真も、アートっていっぱいあります。


    あなたの余暇の過ごし方の選択肢を増やしませんか。

    行ったことがないから、そうは言われても、ちょっと怖いなというあなた。音楽とアート両方を1日で開催するイベントを、仙台に住む音楽・アート好きのボランティアで集まって、真心と愛情を込めて今年もご用意します。

    「早く行っておけば良かった!」
    ってなりますから!


    音楽もアートも芸術。

    アートにこんなに種類があるのか!ってびっくりすること、うけあいの、手づくりアートの物販会と、プロのアーティストを迎えて送る魅惑のライブ。

    どどーんと他ジャンルの芸術をご用意しますので、あなた自身でセレクトして楽しむ1日にしてくださいね。

    これから12/23まで、どんどん、情報を公開して行くので、お楽しみに!

    まだこの麗しの世界に足を踏み入れていないあなた、是非はいらいん〜♪

    また、一緒に初心者さんを迎えてくださる玄人さんも、是非はいらいん〜♪

    みなさまのご来場心よりお待ちしております!


    HiLiNE WiNTER FES 2015
    2015年12月23日(祝)開催
    @仙台複数会場

    詳細は、
    HiLiNE WiNTER FES 2015 特設サイトで順次公開
    http://hilinejp.tumblr.com

    スタッフブログもよろしくお願いします!
    https://kacco.kahoku.co.jp/author/hiline


    ーー
    私信:
    はいらいんスタッフのみんなへ
    一致団結して、がむしゃらに進むみんなが大好きです。今日の気持ちを忘れず、お客様とアーティストのみなさまと楽しいクリスマスイブイブを過ごせますように!

    HiLiNEの故郷「HEAVEN」7月末閉店に寄せて

    • 2015.07.12 Sunday
    • 19:00
    こんばんは。
    はいらいんちょーこと、トモです。

    今日は、スタッフを代表して感謝のブログを書こうと思います。

    HiLiNE WiNTER FESは、2012年12月に初めて開催しました。9月に結成して、はいらいんという名前もないところから、たった3ヶ月。音楽イベントもアートイベントもしたことのない、ど素人の話を真剣に聞いてくれて、相談に乗ってくれたライブハウスの1つ。 それがblues & soul bar HEAVENです。

    そして、冬フェス当日の夜、片平里菜さんと、齋藤ジョニーさんと、中ノ森文子さんに来ていただいて開催した夜の部は、ソールドアウト。

    想定外のお客様の数に、一部スタッフの入る隙間がなくなってしまい、階段から音漏れを楽しんでいたのもいい思い出です。でも、ライブ見てないのに、楽しそうだったのは、お客様がみんな笑顔だったからですね!そして、オーナーの瀬戸さんも、とっても楽しそうだったのが印象的です。

    実は、あのライブのあと、HEAVENに昔からお世話になっていたという齋藤ジョニーさんが、バンジョーを奏でて、瀬戸さんの誕生日お祝いしたりもしました。

    家族のような暖かいひとときでした。


    私のイベント人生の原点で、もはや実家なんですが...

    blues & soul bar HEAVENは、7月末で閉店するそうです。


    ライブハウスは、音楽を楽しむところなわけですが、HEAVENには、それ以上のものがあって。

    ノーチャージ制、飛び入り可能なセッションしてるときもあります。まだ行ったことのない方、是非一度行ってみてください。

    音楽やギターをはじめ、好きなものにはとことん拘って、見た目は貫禄あるのに、めちゃくちゃ情にもろい瀬戸パパと、悩みがあっても、なんでも笑い飛ばしてくれる豪快なママがいますよ!


    20年の歴史によって少し開けるのに力がいる、でも、中が見える窓のついたドア。その向こうには、HiLiNEの故郷があります。

    HEAVENがなかったら、今のHiLiNEはなかったです。いままで、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

    皆様も是非、仙台の音楽の歴史に触れてくださいね。

    (〜2015年7月末まで)

    HEAVENにはいらいん♪

    blues & soul bar HEAVEN
    http://www.blues-heaven.com

    HiLiNE実行委員会
    代表 トモ
    スタッフ一同

    ただただ、寂しい。

    粋なりHiLiNE vol.1「MW 渡會将士 ソロライブ iN SENDAI」

    • 2015.05.28 Thursday
    • 11:47

    IKINARI1_14

    素晴らしい会場で、満員のお客様と
    素敵なアーティストの世界に酔いしれる
    こんな幸せなことがあるだろうか。

    IKINARI1_7

    青葉が薫る仙台。青葉まつり本祭り当日。
    杜の都が一番美しい季節。五月晴れ。

    IKINARI1_9

    SENDAI KOFFEEさんの美しいデザイナーズチェア。
    店主が愛する様々なチェアたちとお客様を迎え入れる。


    IKINARI1_13
    さあ、はいらいん。


    IKINARI1_15

    FoZZtone vo.渡會将士さんのソロライブ。無事開演。
    ゆったりと始まった。丁寧な演奏と歌声。
    「ベーコンエッグとシェービングヒーロー」を聞きながら、
    その名のついたバッグに、フライヤーを入れて、
    仙台中を闊歩した日々が鮮やかに蘇った。
    まちなかの人たちの応援も会場にやってきたようだ。

    IKINARI1_4

    安堵して会場を見渡すと、お客様の笑顔が大きく咲いていた。
    渡會さんが作り出す風に大きく揺れていた。

    IKINARI1_6

    歌いながら弾いているとは思えぬ卓越のギタープレイ
    引き出しを次々に引っ張りだし、丁寧にでも、豪快にぶちまける。
    天地をひっくり返したそれを、さらに上から叩く。
    すると、さらにもう一工夫が入っている。
    底なしだ。この人、わけがわからない!

    IKINARI1_2

    プロフェッショナルをみた。
    ただ見惚れた。会場中が視線を釘付けにした。
    言葉では説明できぬ、一生かかっても真似できぬ人がそこにいた。
    音楽を心から愛し、大切にしている人がいた。


    初めて見た人もいたという。
    音源をほとんど聞いたこともない人もいたという。
    日本中から駆けつけた昔からのファンもいたのだという。
    でも、もはや既に区別がつかなかった。
    渡會ワールドに飲み込まれたあとだった。

    IKINARI1_12

    一夜限りの空間に溢れだす
    歌声、笑い声、感嘆の声
    拍手、笑顔、見つめる眼差し
    cool、sweet、charming
    なんて楽しい空間なんだ。
    確かなるロックンロールがあった。

    IKINARI1_3

    幸せが満ちた。
    そこには、幸せしかなかった。

    感謝。

    IKINARI1_16

    一緒に楽しんでくれてありがとう。
    一体となってくれてありがとう。


    IKINARI1_10

    He plays the guitar night and day

    青葉まつりのパレードとともに
    あの日の夜は さってしまったけれど
    心がさらわれてしまった皆さまと
    想い出の中でいつも会えそうです。

    やっぱり行けばよかった!と思った方、
    是非、次回こそ、はいらいん♪
    また、何か考えます。企みます。


    渡會さんからの最上の褒め言葉
    「異常なまでの慈善団体」に
    入りたい方がいらっしゃいましたら、
    是非こちらをご覧くださいませ。
    渡會家に負けぬほどの、家族愛をもってお迎えします。

    6月15日頃まで(定員になり次第終了)
    HiLiNE公式サイトhttp://hiline.jp/

    素晴らしき渡會さんの次回仙台ライブは、
    7/4(土)『MW 渡會将士 × 星羅 × キャノン Bar Bar Pole Tour 仙台公演』
    詳細・お申込みはSAIKOROさんまで
    はいらいんスタッフは今度はお客様で参ります。
    ぜひご一緒に♪

    -------------------
    【CREDITS】

    粋なりHiLiNE vol.1「MW 渡會将士 ソロライブ iN SENDAI」
    2015.5.17(日)開場18:00 開演18:30 終演21:00

    出演:渡會将士(FoZZtone
    会場:SENDAI KOFFEE
    音響:Solid Bond Base
    企画・制作:HiLiNE実行委員会
    制作責任者:トモ
    スタッフ:もか、しらっち
    当日協力:ことね、みなみ
    記録撮影:アル
    タイアップ:
    ゴーゴーカレー 一番町スタジアム
    葱屋平吉 仙台店

    -------------------
    Special Thanks:
    ぶっち(岩手)、ゆうと(秋田)、みっちゃん(山形)、しかちゃん(福島)、Lilyさん(福島)、だてさん(栃木)、あさみさん(東京)、@fozzheads(Twitter)、福島OUTLINE 阿部さん(福島)、池袋の風 GAKUさん(東京)バンダレコード イオンタウン仙台泉大沢店さん・イオンモール名取店さん・イオン中山店さん・イオンモール富谷店さん、vol.1さん(仙台)、SENDAI CLUB JUNK BOXさん(仙台)、enn 2nd & 3rd(仙台)さん、仙台まちなかの商店街の皆さま、RT・シェア協力いただいた皆さま、ご来場の皆様

    ---------------
    【NOTE】
    何かを検索していてたまたま見つけた、6年も前の渡會さんのブログが
    いまのHiLiNEの気持ちと同じだったので、記録がてらに。
    http://fozztone.exblog.jp/11532428/ (FoZZtone Official Blog「時々、世界はオレのもの2」)

    みんなでアホな夢を実現する為に走り抜ける事、
    みんなで楽しく過ごす為に一致団結する事、
    そしてみんなで喜びを分かち合う事、
    それがロックンロールだ!

    とにかくみんな、一緒に音楽を楽しんでくれてありがとう!

    「粋なりHiLiNE」開始によせて-渡會将士さんとHiLiNE-

    • 2015.03.20 Friday
    • 12:00
    こんにちは。はいらいんちょーこと、代表トモです。

    いきなり発表した
    「粋なりHiLiNE」の告知、ご覧いただけましたでしょうか。

    粋なりHiLiNE

    スタッフブログでも、昨日少し触れましたが、
    HiLiNE設立後の2012年から、冬フェスを3回してきて、
    本当に多くのお客様に愛していただき、
    仙台の街のみなさまとお話しする機会に恵まれました。

    2013年に入った頃には、実にいろいろなコトにも誘っていただくようになりました。
    ですが、学業や仕事と掛け持ちしながら、1年かけて冬フェスを作っている
    私たちは、なかなか、お受けすることができませんでした。

    できなかった理由の大きなところ、
    それは、日程が前もって決められないことです。
    その年々のメンバーで、忙しい時期、時間が異なるのです。

    しかし転機は訪れました。
    2015年の小春日和のある日のことです。
    逆転の発想が生まれたのです。

    そのとき動けるスタッフで、いきなりすればいい!!

    のではないかと。

    いきなりですので、1つずつは大きな規模ではできないかもしれません。
    でも、洗練し、厳選し、ぎゅっと凝縮して、コンパクトでシンプルに
    でも親しみのあるひとときの空間作りを目指して参ります。

    いきなり粋なイベントづくり

    すぐに、そのイメージにぴったりなカフェが浮かびました。
    私たちHiLiNEスタッフが愛するカフェ「SENDAI KOFFEE」さんです。

    SENDAI KOFFEEさんは、カフェそのものがアート空間です。
    こだわりの椅子にテーブル、そして書籍にアート。
    店の前にたてば、間違いなく入ってみたくなる雰囲気。
    とてもシンプルな、かわいいらしいマグカップのロゴが出迎えてくれます。


    そして、第一回となる記念すべき「粋なりHiLiNE」に
    HiLiNEにとって欠かせない、
    FoZZtoneの渡會将士さんをお招きすることにしました。

    渡會将士(FoZZtone)

    HiLiNEは、2012年のFoZZtoneさんのライブの後の夜、
    私ともう一人で一緒に結成しました。
    私たちは、FoZZtoneさんのファンとして仲良くなったのです。
    つまり、HiLiNE実行委員会は、
    FoZZtoneさんなしには生まれなかった
    いっても過言ではありません。

    そこで、新企画立ち上げにあたり、まずは、初心に返り、
    常に新しい風をもたらし続ける敬愛なる渡會さんをお招きすることにしました。

    粋でしょ?

    私たちのロードストーンであり、
    本籍、仙台市青葉区花京院、ルーツが仙台にある渡會さんとともに
    皆様を5/17(日)にお待ちしております。

    いきなり、いきなり粋なライブで
    皆様と楽しいひとときを過ごせますように。
    私たちの新しい世界へ、是非お越し下さい。
    心よりお待ちしております。

    HiLiNE実行委員会
    http://hiline.jp/
    Twitter @HiLiNEjp

    イベント詳細はこちら
    ↓【ついに解禁!】粋なりHiLiNE vol.1「MW 渡會将士 ソロライブ in SENDAI」
    http://ameblo.jp/hilinefes/entry-12003839106.html


    謹賀新年!はいらいんちょーのはいらいん帳です!

    • 2015.01.01 Thursday
    • 02:42
    あけましておめでとうございます。
    はいらいんちょーのはいらいん帳ってあったなって!!


    最初、12/31に書いてたんですけど、久しぶりすぎて、パスワードが思い出せなくて!年越えました!


    でも、パスワード思い出した!!
    私おめでとう!こりゃあ幸先いいぞ!



    では改めまして、

    あけましておめでとうございます。
    本年もよろしくお願いします。


    旧年は、HiLiNE WiNTER FES 2014
    ご来場、ご出演、ご出店、ご協力ありがとうございました!ギター部に参加していただいた部員さんもありがとうございました!


    ご挨拶が大変遅くなりましたが、本当に旧年中は、何度も素晴らしい光景を見させていただきました。

    スタッフブログで、もか副代表が書いていたお礼ブログ

    【大盛況*御礼】HiLiNE WiNTER FES 2014【ありがとう!】

    で書いてましたが、
    ほんと、はいらいんに関係してくださった方は、1000人で、きかないのです。
    3年間で考えると、もっともっとです。

    そもそも、2012年の夏、私がフェスがしたい、でもワンマンは嫌で、みんなで作りたいっていって始めたはいらいん。

    この間、はいらいんOB、OGメンバーも含めて3年で正規メンバーとして数えたら、学校1クラスくらいいたんです。
    びっくりしました。

    お客様や出演者含めて、はいらいんっていうものに関わってくださった方に至っては、学校1つ分くらいになるんだなあと気づいて、その凄さに動き固まりました。


    はいらいんの3つのテーマは、

    1.ライブやアートイベントの初心者に優しいこと
    2.音楽とアートが共存していること
    3.地域振興となること

    です。

    それを実現すべく、
    東北を代表する都市「仙台」で、
    東北を代表をする季節「冬」に、
    仙台・宮城を盛り上げようと、はじめたのが、HiLiNE WiNTER FESです。



    かたく書いてますけど、

    仙台に冬に芸術的な祭りがない!?
    じゃあ いっちょつくるか!

    でも、作るからには、お客さまも、出演者さんも、出店者さんも、自分たちスタッフも関係なく、学園祭のように、垣根のない、誰でも来れるイベントを作ろう!

    っていう勢いで作りはじめたんですよね。



    それが気づけば、今年で3回目。

    2012年は2会場、アーティスト7組でした。

    2013年は、音楽3会場、アート2会場、アーティスト10組、物販出店のべ38ブースでした。

    そして、今年
    2014年は、音楽4会場、アート2会場、アーティスト17組、物販出店 70ブースでした。

    でっかくなったなあ。みなさまのおかげに他なりません。


    2012年は、当時は誰も私たちのことをしらない状態から、10人くらいで、たった3ヶ月で作りました。というか、お互いも知らなかったんです。Twitterとかで集めたので。ただ、がむしゃらでした。はいらいんって名前決めたところからで、3ヶ月です。ええ、無謀です。ただそれが無謀とすら知らなかったことが救いです。


    2013年は、なんだかファミリーのようでした。20人くらいで、音楽とアートそれぞれを大きく、より明確に、そして、よりお客様に優しいイベントにすべく、街を走り、作りました。アートの規模がとっても大きくなって、アーティストにロックバンドが加わりました。


    そして、2014年、入れ替わりはあったものの、12/21の時点では、たった8人で作りました。学生4人、社会人4人です。

    ただちょっと、繁忙期は、事務などで8人では足りないところがあって、そこは私の古くからの友人2人に頼みました。

    2つ、3つ役職を掛け持ってる人もいましたので、もっと多くみえたかもしれません。


    班長が両方学生でしたので、今年も学生中心の企画で、社会人がそれを支えました。

    8人は少なすぎると思うかもしれません。私たち自身もそう思ったことも何度もありました。

    でも、8人だからこそ意思疎通も最小限ですみ、できたのかもしれません。


    では、ここで2014年のメンバーに感謝をこめて、改めて、冬フェスを作り上げたスタッフ達を紹介します。

    私たちはニックネームで呼んでるので、ニックネームのかな順にいこうかな。個人情報や防犯上、誰がしてるか、伏せてる仕事もあるので、あれあの人は?とかもあるかもですが、8人の誰かがしてます。


    ★アッキー
    アッキーっていうと皆さん馴染みが薄いかもしれませんが、通称トリさんです。アッキーは、2012年から公式サイトを一筋に作り続けてます。

    とても頭が良くて、みんなが気づかないことでも、すぐに気づきます。
    仕事が早く、かつ、正確で、WEB以外では、いろんな最終チェックをしていました。フライヤーの最後の仕上げもアッキーだったなあ。

    ちなみに、日常の仕事も同じことを3年くらいしてたんですが、仕事ではアッキーが先輩で、いつも助けてもらってました。アッキーと同じ会社じゃなかったら、たぶん、冬フェスの2013もなかったかもです。

    独創性と芸術性が素晴らしく、この感性は、はいらいんで飛び抜けてます。

    ちなみに、HiLiNEって名前をつけたのも、アッキーです。

    2012年からの良き相棒です。
    まじで夢が叶ってほしい。
    いつも応援してます。


    ★いとちゃん
    広報では、ブログをときどき書いてた、いとちゃんです。広報の落ち着きあるブログはいとちゃんが担当でした。実は、ちょっと怖がりなところがある女の子らしい、女の子です。

    アート班にも所属してましたが、アート出店者募集のフライヤーを配りにいっても、ほとんど配れず帰ってきたのが1日目。でも、気づいたら、1日中街をまわっていた日もありました。

    体調管理と時間管理がしっかりしていて、自分をしっかりもっている、ある意味はいらいんでは、珍しい揺るがない芯の強い子です。ハンドメイド雑貨と音楽が大好きな女子大生です。

    その調子で、就活ファイト!!


    ★いわさき
    2013年は、音楽班で副班長をしていた、はいらいんで唯一の男性です。
    2013年にいた男性陣が、仕事、転勤、就活などで抜けちゃったんですが、一人残りました。

    いわさきは、下の名前が去年の班長と一字違いでややこしいので、名字で呼ぶようになりました。

    音楽班は、広く浅く音楽をきく人がよく応募してくるのですが、いわさきは真逆。狭く、深くです。
    この深さが私には到底叶わない。

    そして、とても、いい文章を書きます。あと体力が尋常じゃない!仙台まで片道40分とか45分とかかけて、自転車で会議のために来たりしてました。仕事後に。いやあすごい。

    2年でとてもとても、成長した音楽一筋のメンバーです。そして、影で音楽班を支えているといっても過言ではないです。

    私のよき相談相手です。ぱしっと意見をいうのに優しい、いい男です。

    ★しらっち
    人のことばかりを考えすぎて、自分のことが終わってないのに、他の人を手伝うために、あれもこれもと手を出しすぎて結果、よくぶっ倒れる音楽班長です。

    そんな調子なので、最初は、ものすごく意見がコロコロ変わって、みんなかなり悩みました。これは、自分の意見じゃなくて、毎日、順にメンバー1人1人の意見を聞いてまわって取り入れてるからだからだと、後に気づくことになるのですが、それくらい仲間が1番、自分が2番な人です。

    優しすぎるしらっちは、毎年恒例の音楽班長の特権のトリ決めさえ譲ろうとしました。それでも、誰よりも全アーティストへの愛は深かったです。

    冬フェスで、舞台上のアーティストからも観客席からも何度も名前を呼ばれてたのがとても印象的です。

    まだ若干20歳。でも、音楽への情熱は半端ない!素晴らしい音楽班長です。

    これからも、伸びしろがいっぱいあって、人生が楽しいと思います!そういえば、名前に「優」がはいってるんだ!
    今気づいた。家族が大好きないい子です。


    ★ひぃちゃん
    2013年入会のひぃちゃんは、
    いつもニコニコとお話している、アートと音楽が大好きな女の子です。いや年齢的には女性ですっていうべきなんですけど、ひぃちゃんは永遠の女の子だなあ。

    相手のことを、自分のことのように考え、稀に怒るとしても人のこと、そんな子です。ひぃちゃんとは、ほんといろいろ話しをします。喜怒哀楽が豊かで羨ましいです。

    そして、どこに行っても、「はいらいんのひぃちゃんです!」って元気に言う姿は、仙台の街中でも印象的に映るようで、1年中どこに私が出かけてもひぃちゃんの残り香がありました。
    万歩計つけてたらすごいことになっただろうなあ。

    協賛店舗さんをはじめ、仙台のいろんなお店にご挨拶に行っているので、たぶん2年で 日本縦断するくらい歩いてるんだろうと思います。

    「この間、ひぃちゃんが来たよ。」
    街中で季節問わず、言われます。
    はいらいんでも、1、2を争うほど、はいらいんという団体が好きなんだと思います。

    そんなひぃちゃんを私も好きです。
    2014があったのは、ひぃちゃんのパワーがかなり関係してます、実は。

    ★またみー
    2014年入会のルーキーです。
    冬フェスでは亀井さんやえどんさんと、ずっとMCしてましたね。松葉杖ついて。今年靭帯2回も伸ばしたんです。(はいらいんのせいではないらしいですが)

    はいらいんに入会希望する人は、たいてい音楽に関係することがしたい、アートに関係することがしたいっていうのがあるものですが、
    「はいらいんのメンバーになりたいんです」って言った初めての人です。

    週6で学校に行って、バイト2個して、バンドもしながら、あのハイテンションブログを書き続けてました。気づいたらHalf time Oldさんと対バンしてた、そんな大学1年生は、好きなバンドのために、仙台ライブハウスだけではなく、日本中飛び回っています。

    事務的な面では、集中力が凄くて、精度の高いものをスピーディーに仕上げます。

    またみーには、ブログでネタにされてよく笑わせてもらってます。はいらいんのムードメーカーです。

    またみーの笑顔は人を幸せにしますね!


    ★もかちゃん
    2014年副代表兼アート班長。
    全員が認める2014年のMVPだと思います。

    2014年に入ってきた20歳の短大生であり、就活生であるもかちゃんに、アート班長や副代表を任せていいものか、本当に悩みました。

    でも、アートの物販会がしたいという情熱、そのために、みんなをまとめようとする努力、場を和やかにしようとする敵を作らない話し方、そして、大量の事務作業やメール返信。気づけば、アートが山盛り仕事あるのに、フライヤー配ってたり、ギター部手伝ってたり。

    今年はアエルだけでも、すごいブース数だったのに、さらに仙台マンションを増やして、一人でも多く出店してほしいという気持ち、努力、そして、体力。精神力。

    全メンバー、一人でもかけたら、できなかったですが、もかちゃんがいなかったら、絶対に物販会はできていなかっただろうなあ。

    頭が下がります。
    私にないものを一番持っている人に、副代表を頼もうと思ってたので、もかちゃんになりました。

    私を、いつも、いつも気にかけて、助けてくれてありがとう。一番私を心配する個人LINEを送ってきた人です。

    【だれか!!この出来る副代表兼アート班長に新卒のお仕事を!!】

    就活置いて、冬フェスの準備をずっとしていたので、早く仕事決まりますように!(私の2015年の初詣の願いにしよう)


    この規模のイベントを、この7人プラス私の8人で決行したのは、どう考えても無謀です。でも、いろいろあってこうなりました。

    だけど、少人数だからこそ伝えられた何かもあると思います。それが何かは、みなさま一人一人違うことでしょう。何かが届いていたら嬉しいです。


    私達は、自分達がしなければならない学業や普段の仕事の時間を除いて、残った時間をどうにか寄せ集めて、みなさまに音楽とアートの素晴らしさと仙台の良さを伝えたい、それを胸にボランティアで活動しています。


    みなさまが喜ぶ様子、初めてのものに出会った笑顔、励ましの言葉、アドバイスひとつひとつが私達の糧となり、3年間活動してくることができました。


    1月は、これだけのことをすると、残務整理が大量にあるので、みんなでそれをします。

    2月は毎年、私のとある理由でまるっと1ヶ月休みます。冬眠ですね!その理由をブログには、3年間かかずに来たのですが、そのうち書こうかと思っています。それは、私がはいらいんをボランティアでし続ける一番大きな理由でもあります。

    3月になったら、また2015年についてとりあえず現メンバーと考えていきます。もうすぐ、抜けるメンバーもいます。なので、新しいメンバーをきっと募集します。


    私達が求める人は、
    はいらいんを愛してくれる人であること。一応役割はわけてますが、忙しい時期は、班をまたぎます。

    本当は倍くらいのメンバーで活動したいと思っているので、2014年ほど忙しくはならないはずですが、もし、はいらいんに入りたいなあって考えてくださる方がいましたら、まずは、スタッフブログをよんでみてください。私たちの気持ちが詰まってます。


    一人でも多くの人が
    生で音楽を聴く
    生でアートを見る
    仙台という街をもっと深く知る

    そういったお手伝いが1日も長くできますように。

    今年もよろしくお願いします。

    2015年 元旦


    ロックな日なので、今年の冬フェスについて検討はじめました。

    • 2013.06.09 Sunday
    • 22:08

    ご無沙汰してます!
    皆様お元気ですか。

    今日は6/9、ロックの日です!
    何か音楽聞きましたか?私は宇宙飛行士眺めてました。




    「Reach to Mars」by FoZZtone

    はいらいんちょーの愛する今年10周年のFoZZtoneさんの新曲PVです。
    相変わらずのクオリティ。とうとうギターの竹尾さんがロックスターの永遠の夢
    「崖の上でギターを弾く」を10年の時を経て達成したPVです。火星っていい崖ありますね!

    それにしても、ボーカルの渡會さんは宇宙に行くときに、ギターを持っていくのを忘れたのかしら。それとも宇宙の藻くずに。

    藻くずともずくがいつもわからなくなるんです。
    そもそも水のないところで藻くずも変ですか。塵ですかね。ううむ。
    ああ、話それました。しまった。うっかり。

    今回のアルバムは、渡會さん、竹尾さんはもちろん、ベースの菅野さんやサポートドラムのキャプテンこと武並さんが作曲しているんですよね。好評発売中ですよ!

    「Reach to Mars」
    http://tower.jp/item/3235655/Reach-to-Mars
    CDに封入されているハガキで応募すると、渡會画伯のアートパネルが当たるかもしれないらしいので、今我が家の猫様にハガキを下にしいて寝ていただいております。
    がんばれ招き猫!!

    FoZZtoneさんの次回仙台ライブ(対バンはMONOBRIGHTさん!)は
    7月26日(金)仙台LIVE HOUSE enn 2nd
    FoZZtone / MONOBRIGHT
    http://www.fozztone.com/?p=2329

    ライブツアーも受付中!
    ライブツアーとは、ライブに行きたいけれど、ライブハウスどこ!?
    っていうか、ライブハウスって行ったことないからどうしていいかわからないという方に、はいらいんスタッフが、仙台駅から会場までお連れするという企画です。
    随時受付中ですので、どのバンドさんでも、仙台のライブハウスで行ってみたいところがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね!遠征の方にもご好評いただいてます☆
    もちろん無料です!(メンバーの時間があわなかったらごめんなさい!)
    twitter @HiLiNEjpまたは info@hiline.jpまでお気軽にお問い合わせください。


    そうそう、今年10周年のバンドさんってけっこうあるんですよね。
    セカイイチさんも10周年ですね!





    「バンドマン」by セカイイチ

    その歌声をいつまでも止めないで!

    セカイイチさんは、CDからではなくて、ライブを見て知ったバンドさんなんですが、この曲をきいた次の日には私のiPhoneにはセカイイチさんが入っておりました。永遠ループ。
    この曲は、歌詞をちゃんと聞いてほしい曲ですね!そして生で聞いてほしい。
    最近生できいたのはARABAKI ROCK FEST.13ですね!皆さん行きましたか?

    セカイイチさんはNo Regret Lifeさんの対バンで、
    今月仙台でライブがありますので、今これを見て惚れた方はぜひぜひ一緒に!

    6月27日(木) 
    No Regret Life LAST TOUR 2013"Memory&Record"
    No Regret Life/セカイイチ
    http://sekaiichi.jp/live/009123.html

    場所わからないという方は、もちろんライブツアー(会場までご案内)しますので、
    twitter @HiLiNEjpまたは info@hiline.jpまでお気軽にどうぞ!

    私は、実は歌詞よりも曲を先に聞いて、バンドを好きになる派だったんですが、このセカイイチさんのバンドマンを聞いてから、どのバンドも歌詞をがっちり読むようになりました。


    そういえば、以前ライブツアーでファンの方を会場までおつれしたこともある
    ストレイテナーさんも10周年ですね!




    「SIX DAY WONDER」by ストレイテナー
    PVに惚れた。ピアノっぷりに惚れた。生で聞くと、さらにしびれます。
    今年のKESEN ROCKでまた聞けないかなー!

    ストレイテナーさんも決まっていますね♪
    11/29 仙台 Rensa
    ストレイテナー
    http://www.straightener.net/live/


    KESEN ROCKといえば去年ご出演されていたアジカンさんこと
    ASIAN KUNG-FU GENERATIONさんも10周年!



    「君の街まで」by ASIAN KUNG-FU GENERATION
    この曲、2004年の曲なんですねー。
    ボーカルのゴッチ(後藤)さんが若い!
    このPVはじめて見たときは、かなり見入った覚えがあります。
    懐かしい。

    シンクロといえば、オリンピックどうなるんでしょうねー。東京に来るんですかね。
    イベント好きすぎて、フェスつくっちゃった私ですから、お祭りごとの話は
    そわそわします。

    は!また話が逸れてた。
    えへ。

    それにしても、10周年バンドの層の厚いこと、厚いこと。
    10年音楽を続けるって、たぶんかなり大変なんだと思いますが、
    続けるとこんなにすばらしいバンドになるんですね!

    アジカンさんのNANO-MUGENも今月です!

    6月26日(水)仙台Rensa
    ASIAN KUNG-FU GENERATION/RADICAL DADS(US) /うみのて(JP)
    http://www.nano-mugen.com/

    むしろNo Regret Lifeさん&セカイイチさんの前の日!
    平日なのに忙しい!忙しい!!

    あ、そろそろばれました?
    全部、はいらいんちょー行く気満々です!
    ライブハウスでお会いしましょう!

    最後にちょこっと、宣伝を。
    HiLiNE実行委員会では、ただいまメンバーを数人追加募集中です。
    HiLiNEとはなんぞやという方は、ぜひ公式サイト→ http://hiline.jp/

    簡単にいうと、音楽とアートの共存した初心者に優しいアットホームな冬フェスを仙台で作っているボランティア団体です。

    ・音楽に興味のある方
    ・アートに興味のある方
    ・イベント作りに興味のある方
    ・新しいことをしてみたい方

    を募集中です。

    20代、30代中心のメンバーですが、年齢、性別、経験の有無は問いません。
    ただし、未成年の方は保護者の同意が必要です。

    募集しているのは、
    ・音楽班
    ・アート班
    ・広報
    ・営業
    と一応わけてはいますが、
    あんなことからこんなことまで多種多様です。
    たぶん、どんな方でも何かしらできることがあります。
    むしろ、何ができるかを積極的に考えることが一番重要です。

    そして、メンバーに求めるものは、たった2つ
    ・積極性
    ・協調性 のみ!

    ご興味のある方は、まずtwitter @HiLiNEjp または info@hiline.jpまでお気軽にお問い合わせください。

    謹賀新年

    • 2013.01.01 Tuesday
    • 13:07

    HiLiNE WiNTER FES終了にあたって

    • 2012.12.30 Sunday
    • 15:30



    2012年9月1日に設立して約3ヶ月、毎日謎の連続でした。
    「それなんですか」この言葉、何度使ったことか。

    皆、素人でした。ド素人でした。
    最初は右も左もわからない状態でした。
    全員ボランティアで、冬フェスができるのか誰も知りませんでした。
    でも、思いだけはありました。無謀なほどの勢いのみがありました。
    「生の音楽を楽しむ機会を作りたい。アートと共存した空間を作りたい。」

    できるかどうかはわかりませんでした。
    何から手をつけたら出来上がるんだろうか、何が完成形なのだろうか、
    12/8に間に合うんだろうか、そればかりを考えていました。
    でも、ただただ、思いを胸に作っていました。

    できたらいいな、お客様が笑顔になってくれるといいな、
    またライブハウスに行きたいと思ってくれるといいな、
    アートももっと見に行きたいなって思ってくれるといいな、
    と思って作っていました。


    それが「HiLiNE WiNTER FES」です。


    いろいろな方にお世話になりました。

    まず最初に訪れたretro Back Pageさん。
    言わずと知れた老舗に乗り込んだ私を暖かく迎えてくれたオーナー 大内さん。
    いつでも親身になってゆっくりとお話を聞いて下さいました。
    心配して真夜中にお電話くださったこと、それにとても救われたこと忘れません。

    そして、仙台ライブハウスHEAVENさん。
    オーナーの瀬戸さんから最初に頂いた言葉
    「自分たちが楽しめるように、疲れてしまわないように気をつけなさいね。」
    この言葉を胸に当日まで頑張りました。おかげさまで、とてもとても楽しかったです。
    アットホームなあのお店の雰囲気はスタッフの皆様の人柄なのかな。素敵です。


    会場を決めた後は、覚悟を決めて、
    今度はしおん隊長率いる音楽班がアーティストさんにお声がけしました。


    日食なつこさん、
    「私達のイベントのトップバッターをお願いしたい、日食さんのピアノで始めたい、
    お願いした時からそう思っていました」とお伝えした時の、はにかんだ笑顔を忘れません。
    1音目が入った瞬間のあの会場全体を引き込んだ力。躍動感。
    空気が一気に音楽フェスはじまりましたという変化して鳥肌がたちました。
    人の魂を鷲掴みにして揺さぶるような力を私も持ちたいものです。

    笹倉慎介さん、
    ファンをちゃんと覚えてくださっている笹倉さん。
    スタッフ クトーの話をじっくりと聞いていただいてありがとうございました。
    音楽を拝聴していて、さらにTwitterの写真を拝見していて、笹倉さんの中にある世界観に
    興味を持ちました。演奏をお聞きして改めて思いましたが、確かな芯のようなものが
    あるのに、主張しすぎず、ふんわりと心に入ってきてとても癒されました。
    いつも穏やかで優しい雰囲気を私も身につけたいです。

    brute in forest acousitcsさん、
    実は、私が音楽班にお願いしてお声がけしたバンドさんでした。
    bruteの皆様との出会いは今年の春。皆様のアットホームでメンバー同士を思いやり、
    楽しんで演奏する姿、そして素晴らしい技術力がが忘れられずにいました。
    私達の目指す形が決まった時、フェスのイメージとして最初に頭に浮かんだバンドでした。
    皆様の演奏中の笑顔が忘れられません。誰かに楽しんでもらうには自分も楽しむこと。
    私もこれからもまず自分が楽しめるようにしたいです。

    榊原光裕さん、佐藤聡子さん、
     榊原さんが定禅寺ジャズストリートフェスティバルをはじめてからもう20年以上、
    毎年毎年どんどん規模が大きくなっていっていますね。最初に榊原さんにお声がけした時、
    「うちも最初はとても小さかったから大丈夫だよ!」とおっしゃっていただきました。
    お互いへの思いやりがありながらも、いつも常に前を向いている演奏がとても好きです。
    榊原さんと聡子さんのような気遣いのできる人間に私もなりたいものです。

    片平里菜さん、
    その細い体、細い指から、そのパワーが出てくることがいつも不思議で、夢中になります。
    入場時の雪で体の冷えきったお客様を心から温めてくださってありがとうございました。
    会場の雰囲気をも見事に纏っていただき、おかげさまで夜の部を無事スタートできました。
    純粋で透明感があってキラキラとしたオーラがある里菜さん。
    初心を忘れずに常に挑戦しているその姿勢を見習いたいものです。

    齊藤ジョニーさん、
    ジョニーさんにお会いする前から、ファンの方々がTwitterで知らない方も巻き込みながら
    交流しているところを拝見していて、ご本人はどのような方なのだろうと思っていました。
    愛が体の中に収まりきらずに常に飛び出してらっしゃいるような方ですね。
    体を愛が覆っているような。そして、その愛ひとつずつを歌に乗せてらっしゃる。
    受け取った人へ力が浸透し、拡散していく。
    まずは、私も私自身の中に愛を纏えるようになりたいです。

    中ノ森文子さん、
    キュートで無邪気なのに常に真剣。お客様をぐいぐい引っ張る、引っ張る。
    一曲目から完全に会場全体を文子さんの雰囲気に巻き込んだのは圧巻でした。
    初めてライブに来られたお客様もみんな手をあげてジャンプして楽しんでいらっしゃる。
    生の音楽の楽しさはいろんな形があることを皆様にお知らせしたかった私達は、
    文子さんのライブを拝見してお願いしてよかったと心から思いました。
    その場にあわせて最高の状態を提供できる人に私もなれますように。


    そして、アーティストご担当スタッフの皆様、本当にお世話になりました。
    おそらく本当に大丈夫なのか、というレベルの質問もあったかと思います。
    それでも私達の話を真剣にきいていただいて、ご対応いただいてありがとうございました。
    皆様のおかげで、アーティストの皆様の素敵なライブを無事お届けすることが出来ました。

    アートをご提供いただいた皆様、
    ピクチャードレスという見たこともないものに対して、イマジネーションを膨らませて
    描いて頂いただいたこと、ご提供いただいたこと、販売させていただいたこと、
    感謝してもしきれません。作家さんからもさらに作家さんをご紹介いただいたりもして、
    どんどん私自身の世界が広がりました。同じ条件をお伝えしたのに、種々多様なアートが
    私の手元にきたときは、うわあと声をあげました。素晴らしかった。
    私自身が初めて知ること、勉強させていただくことが多かったのがアート企画でした。
    アート班のお願いを暖かく受け入れ、迎えてくださってありがとうございました。

    会場スタッフさん、チケットの代理販売をお願いした皆様、PAさんや調律師さん、
    ポスターやチラシでお世話になった皆様、プレスの皆様、皆様がいなければ、
    イベント自体ができませんでした。普段ただライブに参加していただけでは、
    なかなか触れ合う機会がなかった皆様とお話でき、とても楽しかったです。

    そして、協賛して頂いた店舗様、個人協賛をして頂いた皆様、カンパ頂いた皆様、
    ご後援いただいた皆様、ご賛同いただいた皆様、ありがとうございました。
    「地域の皆様と交流したい」と思っていますので、その扉を開いていただき、
    第一回目で想像もつかないイベントにご協力いただいたこと、とても嬉しかったです。
    もちろんご協力自体もですが、そのお気持ちが私達の支えとなりました。
    お願いにあがった際にお伺いしたお話の数々とても勉強になりました。

    また、TwitterやFacebook等で私達のイベントを拡散して下さった皆様、
    口コミで広げて下さった皆様、ご相談に乗っていただいた皆様、
    当日行けないのが残念といっていただいた皆様、皆様のその行動、
    言葉ひとつずつが、私達の勇気となりました。希望となりました。
    さらに、私の友人の皆様、全力でのバックアップに本当にありがとう。

    そして、愛すべきスタッフ。
    私のもとに、毎日のようにスタッフを賞賛する声が届きました。
    みんな若くて、がむしゃらで、ある意味勢いのみで、羨ましい限りでした。

    当日や直前にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
    私達も含めスタッフ全員ボランティアでありながら、事故もなく運営できたのは、
    皆様の力があったからこそでした。

    あまり体の強くない私が12/8まで走り通せたのは皆のおかげです。
    とても楽しませてもらいました。私ひとりではこのイベントは絶対に出来なかった。

    当日のお客様の笑顔、アンケート1枚ずつにかかれた嬉しいお言葉たちを見た時、
    今回のメンバーと一緒に作ることができてよかったなぁとしみじみ感じました。

    最後になりましたが、ご来場いただいたお客様本当にありがとうございました。
    お楽しみいただけましたでしょうか。
    もし生音っていいなあ、アートっていいなあって思った方、
    是非お近くのライブハウスやアートイベントへお出かけ下さい。
    皆様と音楽、アートとこれからも仲間でいられたらと思います。


    それでは、皆々様よいお年をお迎え下さいませ。
    今後共何卒よろしくお願い申し上げます。

    音楽とアートの素晴らしさをあなたへ。
    愛をこめて。


    HiLiNE実行委員会
    はいらいんちょー(トモ)こと
    代表 渡辺智美






    --------------------------------------------------------------
    <協賛金・カンパ金報告>

       団体・個人協賛金 96,000円
              アート売上   5,900円
            クローク売上     600円
                     募金   2,557円
        -------------------------------
             合計 105,057円

    ※全額HiLiNE WiNTER FES運営のため使用致しました。
     ありがとうございました。
    --------------------------------------------------------------


    ※年明けに当日写真のアップを予定しておりますので、
     今しばらくお待ちくださいね。

    ※トップ写真は夜の部のライブ中の一コマ、
     最後の写真は夜の部終了後の打ち上げにて。
     (写真の無断転載・使用を禁じます。)

    「ハイラインウィンターフェス」アート合宿@はいらいんちょー宅

    • 2012.12.02 Sunday
    • 05:45
    長ったらしい日記はー 誰の目にも触れやしないー
    って思って書いていたのに、意外に読んでくださる方がいらっしゃるとしって
    テンションあがってます!4日坊主からの脱出。

    「JIVE MY REVOLVER」という曲御存知ですか。
    TOKYO No. 1 SOUL SET の曲です。
    http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND89658/index.html
    動画はレッツゴー Google!
    いくらなんでも公式じゃない動画ははれやしないー♪
    この歌詞が気に入りすぎてヘビロテしていた過去があります。
    私なんて暗い子なの・・・大丈夫?でもいい曲でしょー!

    日記をさぼっていたはいらいんちょーはアート班の子になっていました。
    いつも音楽班の話ばかりするので、たまにはアートのお話でも。

    アート班は、とてもセンスがよいチームで
    洗練されたクリエイティブガールたちです。
    あ、男の子いないなぁ うちのアート班。今気づきました。

    でも、スイッチ入るまではのんびりガールたちなので、
    スイッチを強制的に押してみた。ぽちっ!

    ん、いまいちだ
    ボチ!!

    よし。

    というわけではいらいんちょー宅で合宿をしました。
    合宿をはじめたのはなんと22:30
    遅い。

    金曜日だったからね!お仕事あるじゃない?
    そしてそのあとちょっとライブもいきたいじゃない。

    いやあのほら!Happy Tocoさんの定期ライブにおじゃましてきたんです。
    そして、ライブ最高!バート・バカラック特集でした。
    毎月定期ライブをしてらっしゃって、いつも椅子満席なんですけれどね、
    毎回毎回よくもあんなに違う曲を演奏できるなーって!!!
    それも毎回テイストが違うんです。
    この間はサーモン&ガーファンクルとカーペンターズ特集
    その前がたしかブラジル特集。

    ライブのたびたびに榊原光裕さんが全部アレンジして、
    みなさんで練習して月1ライブで披露するんだそうです。
    プロって恐ろしい。私1曲でも無理だわー!どっちにしろ楽器弾けないけど!

    そして、ライブ前にみた光のページェントの試験点灯もあって綺麗だったなぁ。
    本点灯は7日からですよー。
    こんなかんじでした!きらーん素敵。これだから仙台人やめられない。

    光のページェント

    ちなみにHiLiNE WiNTER FESは12/8!
    定禅寺通り沿いのバックページさんとお近くのヘヴンさんですよ!(たまには宣伝を

    でそのあと、そうそう女子会じゃなかった合宿をしました。
    合宿の様子をちらり。

    2355

    はっ!2355みながらさぼってるところだった。
    みんなで 2 3 5 5してる!
    女子5人で12/1を迎えました。

    師走!はいらいんちょー走る!

    ポスター貼りとチラシ配りをはじめ外回りをして
    なんやかんやではいらいんダイエット8、9kg達成していたのに、
    こたつだしたら、2kgリバウンドしました。

    のだめカンタビーレの千秋先輩もびっくりのだらけっぷり。
    がんばらなくっちゃ!!

    で合宿で何を作ったのかというと
    それは来てのお楽しみ☆

    ------------------------------------------------------------------------------------------------
    仙台人有志がつくるはじめての仙台音楽とアートの冬フェス「HiLiNE WiNTER FES」
    12/8開催!チケット好評発売中!
    http://hiline.jp/ticket.html

    昼券、夜券はe+(イープラス)でも購入可能です!
    「ハイラインウィンターフェス」で検索!
    ただし夜券e+は残席わずか △でてます。
    http://eplus.jp/

    昼夜通し券は、Twitter @HiLiNEjp または info@hiline.jpまで!
    各会場(retro Back Page / 仙台ライブハウスHEAVEN)
    または美術カフェ ピクニカ.でもご購入いただけます!

    公式サイト→http://hiline.jp/
    ------------------------------------------------------------------------------------------------

    ■音楽
    【昼公演:retro BackPage 】
    【13:30〜】開場
    【14:00〜14:35】 日食なつこ
    【14:45〜15:20】 笹倉慎介
    【15:30〜16:05】 佐藤 誠士、重信 貴俊、瀬戸 恭介(from brute in forest acoustics)
    【16:15〜16:50】 榊原光裕、佐藤聡子(from Happy Toco)

    【夜公演:仙台ライブハウスHEAVEN】
    【17:30〜】開場
    【18:00-18:35】 片平里菜
    【18:50-19:25】 齊藤ジョニー
    【19:40-20:15】 中ノ森文子

    ■アート(各会場とも)
     ピクチャードレス
     文字MUSICA

    ------------------------------------------------------------------------------------------------

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    google analytics

    ブログランキング

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM